FUTURESCAPE PROJECTは、象の鼻テラスが2019年から開始した公共空間活用事業です。SDGs達成に貢献することも視野にいれ、「環境」「災害」「食」「健康」「教育」「花と緑」の6分野にフォーカスし、多様な主体による社会実験などを推進しています。そして3回目の開催となる2021年は、世界的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」をテーマに開催します。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、私たちの生活は大きく変化しました。感染症の拡大を防ぐことがいまなお最優先の社会課題であることは当然の前提ですが、コロナ禍の日常を少しでも楽しく、豊かなものにすることもまた重要な課題となりつつあります。本年度の FURURESCAPE PROJECTは、こうした課題を踏まえ、コロナ禍の日常を少しでも創造的に、楽しく生きるためのアイデアを集積します。

アイデアの集積にあたっては、「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ12か条」を設定しました。招待アーティストによるアートプログラム、市民や企業から募集する公募プログラム、そしてコロナ禍の公共空間を考えるサミットが、新型コロナウイルス感染症の脅威と共存しつつ、心身ともに豊かに生きる社会を実現するヒントとなることを期待しています。

FUTURESCAPE PROJECT is a public space utilization project began in 2019 by Zou-no-hana Terrace. With a view to contributing to the fulfillment of SDGs, we are promoting social experiments by various subjects, focusing on the six fields of “Environment”, “Disaster”, “Food”, “Health”, “Education”, and “Flowers and Greenery”. In 2021, the third event will be held under the theme of “NEW — NORMAL/CREATIVE — LIFE” in response to the spread of COVID-19 worldwide.

The pandemic of COVID-19 has changed our lives greatly. It is a natural assumption that preventing the spread of infectious diseases is still the top priority of the social task, but it is also becoming important to make our daily life under COVID-19 pandemic even a little more enjoyable and richer. Based on these challenges, the FURESCAPE PROJECT in this year will collect ideas for making our daily life under COVID-19 pandemic a little more creative and enjoyable.

In the process of collecting ideas, we have established “The Twelve Articles of a New — Normal/Creative —Life”. We hope that invited artists’ art programs, public recruitment programs from citizens and companies, and the Summit on the public spaces under COVID-19 pandemic will be hints for realizing a society that lives well both physically and mentally, while coexistence with the threat of COVID-19.

開催概要

ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2021
ゾウノハナ フューチャースケープ・プロジェクト 2021

2021テーマ:ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ
会期:2021年10月2日(土)ー 10 月24日(日)
公募プログラムコア期間:2021年10 月2 日(土)・3 日(日)
時間:10:00〜18:00(10/3(日) および 金・土は20:00まで)
会場:象の鼻テラス、象の鼻パーク、日本大通り駅三塔広場、オンライン
料金:無料

主催:象の鼻テラス
特別協賛:株式会社FREEing
特別協力:横浜高速鉄道株式会社 
協力:株式会社中川ケミカル

・本事業は横浜市のさまざま文化芸術事業を支援する株式会社FREEingの協賛を受けています。
・本事業は横浜市の創造界隈拠点がこの秋市内各所で開催する「食」と「アート」をテーマとしたプログラム「Creative walkway~食とアートと街歩き~」の一環です。

OUTLINE

ZOU-NO-HANA FUTURESCAPE PROJECT 2021

[2021 Theme]NEW — NORMAL/CREATIVE — LIFE
[Duration] October 2(Sat) – 24(Sun), 2021
[Open-call Program Core Term] October 2(Sat) – 3(Sun), 2021
[Time]10:00-18:00 / 10/3 Sun, Friday and Saturday 10:00-20:00
[Venue] Zou-no-hana Terrace, Zou-no-hana Park, Santo Square/Nihon-odori Station, Online
[Entrance] Free

[Organizer]Zou-no-hana Terrace
[Special Sponsorship]FREEing CO., LTD.
[Special Cooperation]YOKOHAMA MINATOMIRAI RAILWAY COMPANY.
[Cooperation]Nakagawa Chemical Inc.

・This project is sponsored by FREEing Co., Ltd., which supports various cultural and artistic projects in Yokohama City.
・This project is part of the “Creative walkway ~ Food, Art, and City walks ~” program, which will be held under the theme of “Food” and “Art” in various places in Yokohama City this autumn by the center for creative community in Yokohama City.

プログラム:
1)ハローサンリク ー東日本大震災から10年「ひかりの実」特別プログラムー
 招待作家:髙橋匡太
2)アートプログラム
招待作家:金子未弥、スイッチ総研、中山晴奈、藤村憲之、YOKARO
3)公募プログラム
参加者:井上幸子、河西琢磨(工作屋KOUSAKUYA)、コトノハ、さくらアリス、デンデラ楽団、東京大学筧康明研究室、鴇田傑、中屋敷南、馬場敬一+DAN DAN DOME、ポリシーナッジデザイン+まちなかナッジプロジェクト、マーク朋子、山田素子、一般社団法人 横濱まちづくり倶楽部、Luna crescente ルーナ クレシェンテ、Sensescape Design Lab.、YOKARO(全16組、五十音順)
4)ゾウノハナ・コレクション
5)ミュージック&マルシェ
6)FUTURESCAPE SUMMIT 2021

※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、プログラムの内容を一部変更する可能性もございます。

 
 
 
■ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ 12カ条

1. アートを飾る
2. 花、植物を育てる 
3. 音楽を楽しむ、本を読む
4. 自然の中で過ごす
5. 大切に使い続ける
6. 誰かを思いやる、助ける 
7. 省エネルギーで過ごす
8. 食べるを考える
9. 身体を動かす
10. 自分たちでつくってみる
11. 他者と対話する
12. 自分のニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフを考えてみよう

[PROGRAM]
1.Hello Sanriku -10 years after the Great East Japan Earthquake “Hikari no Mi” Special Program-
Artist:Kyota Takahashi
2.ART PROGRAM
Artist:Miya Kaneko, Switch Research Institute, Haruna Nakayama, Noriyuki Fujimura, YOKARO
3.Open-call Program
Applicant:Sachiko Inoue, TAKUMA KASAI(KOUSAKUYA), Kotonoha, Sakura Alice, DENDERA GAKUDAN ,Yasuaki Kakehi Lab., The University of Tokyo, Suguru Tokita, Minami Nakayashiki, Keiichi Baba + DAN DAN DOME, Policy Nudge Design + Urban Nudge Project, Tomoko Mark , Motoko Yamada, YOKOHAMA AREA MANAGEMENT, Luna crescente, Sensescape Design Lab., YOKARO
4.Zou-no-hana Collection
5.Music & Marche
6.FUTURESCAPE SUMMIT 2021

*Depending on the spread of COVID-19, we may change some of the contents of the program.

 
 
■The Twelve Articles of a New — Normal/Creative —Life

1.Live with art
2.Grow things, know things
3.Enjoy music and reading books
4.Live naturally, live positively
5.Live smart and sensibly, clean and comfortably
6.Reach out, help others 
7.Use energy meaningfully
8.Know how you eat affects your world
9.Be active, look around
10.Be part of the creative process
11.Engage and interact
12.Invent your own “new normal” creative lifestyle!

 
 
 

freeing